導入事例
Case Study

製造業 G社様
SyncTrust IDCM事例

導入前の課題・問題

  • IDカード管理システムに対して、人事情報をもとに手作業で入力実施をしていたため、作業工数が非常に嵩んでいた。
  • Active Directoryへの登録作業もまた、人事情報をもとに手作業で行っており、ADへの登録作業が煩雑なことから、作業軽減とともにIDカード管理システムについてもID連携ができるようなシステムを検討していた。
  • IDカード管理システムが古くなっており、また維持費が 高価なためリプレースを検討していた。

導入後の効果

  • 人事システム⇒SyncTrust IDM⇒SyncTrust IDCMという流れで、人事情報を起点としたAD管理およびIDカード管理が可能となった。
  • 同時にSyncTrust Identity Manager も導入したことにより、人事システムからのActive Directory 自動連携が可能となった。
  • システムIDおよびIDカードの管理業務の大幅削減により、人的コストを旧システムより抑えた形でのリプレースができた。

関連コンテンツ